2012年07月26日

no-title



手汗の症状誰でも手に汗をかくことがありますが、手汗という疾患の場合、どのような症状が起こるのでしょうか。



また、手汗によって危険なじょうたいを作ってしまうこともあります。



手汗によっててのひらが常に湿っているようなじょうたいなら軽度ですが、額から汗が流れるとの同じように手からも汗が流れ落ちるじょうたいになると、かなりじゅうどのじょうたいと言えます。



そのため、車のはんどルがすべりやすくなることで運転に危険を感じたり、危険かいひのために掴もうとしたものがしっかり掴めないなどということが起こってしまうことがあるようです。



中には、沿ういった電子ききが手汗で塗れることで壊れやすいという方もいらっしゃるようです。



手汗に伴うしょうがいとしては、しごとでしようする書類や授業でつかう強化書やのーとなどが手汗で塗れて汚れてしまうことや、パソコンやけいたいでんわなどが手汗で扱いにくくなるなどと言うことが揚げられます。



手汗の症状には一般の病期と同じように軽度のものからじゅうどのものまで様々ありますが、じゅうどのじょうたいは手を洗った時のてのひらのじょうたいを想像するとわかりやすいかも知れません。



物理的なものは持ちろんですが、手汗によって自分のかんきょうが危険なじょうたいになるのはぐたい的にあらわれている症状だけでなく、せいしんてきにも非常に辛いものとなってしまいます。



手汗がひどいと手がすべりやすいじょうたいになります。



手汗の症状によって起こるいろんなしょうがいは自分じしんが一番理解しているはずですから、それをかいひできるような対策を積極的に摂って、安全な生活を贈ることが大事です
posted by 手汗クリーム at 17:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月23日

今そこにある手汗



かんぽう薬による手汗治療手汗の症状を改善するためにかんぽう薬を用いている方もいらっしゃいます。



ただし常に手足に冷えをかんじているようなタイプの方には不向きと言われています。



「軽視加おうぎとう(ケイシカオウギトウ)」全身のはっかんのバランスを整えてくれるかんぽう薬です。



「つづらおうぎとう(ボウいおうギトウ)」やや太り黄味のタイプで汗をかきやすいけいこうにある方に用いられます。



体力にじしんのない方や虚弱たいしつの方にも安心して用いることが出来ます。



この他にも手汗の症状を緩和へと導くために用いられるかんぽう薬はさまざまありますが、それぞれの方の症状やたいしつによって適切に選ぶことが大切です。



過剰なはっかんを押えてすいぶん代謝を正常に整えるはたらきがあります。



また心と体を落ち着かせてくれる効果も持っているので、手汗によるストレスやきんちょうかんをかんじているような方に用いられます。



かんぽう薬のりようは手汗に限らず多くのびょうきの改善のためにりようされている方法で、症状の緩和はもちろん、びょうきをこんぽんから撃退するためのたいしつ改善を望んでいる方や、病院で処方されるないふく薬を長い期間飲みつづけることに抵抗がある方などによくりようされています。



「サイコ軽視環境湯(サイコケイシかんきょうトウ)」上半身の過剰なはっかんをおさえるのに効果があるかんぽう薬です。



手汗の症状の緩和に用いられるかんぽう薬としては次のようなものがあげられます。



さいきんではかんぽう薬を処方してくれるいりょう期間も増えてきていますから、一度かかりつけのお医者様にそうだんされてみてはいかがでしょうか
posted by 手汗クリーム at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

親の話と手汗には千に一つも無駄が無い



爪マッサージで手汗対策手汗を起す原因としてあげられているのが、こうかんしんけいの活動が活発になることです。



ただし、手汗はこうかんしんけいのはたらきが影響しているということから、薬指だけをしげきするのは逆こうかです。



両方の神経のバらんスが整えられることがたいせつですから、バらんス良くしげきしてあげるようにしましょう。



薬の治療のように速効性があるものではありませんが、毎日つづけることで手汗の症状を良いほうこうにみちびくことができます。



そこで自立神経を整えるこうかのあるてがるなマッサージをごしょうかいしましょう。



このほうほうは、手汗の症状の緩和に役経つ自立神経を整えるこうかはもちろんですが、免疫力を高めるほうほうとしてもしられて、爪もみ両方としても有名です。



爪のまわりにはあまたのツボが集まっていて、それぞれの指によって対応するかしょが異なるのですが、薬指いがいの指は副こうかんしんけい、薬指はこうかんしんけいがしげきされるということから、すべての指をマッサージすることで自立神経のバらんスが整うと言われています。



生活かんきょうや食生活などを見直すことも自立神経を整えるにはたいせつですが、毎日忙しい生活をおくっている方にはなかなか難しいものです。



爪のはえ際の左右を親指とひとさしゆびで挟むようにして少し強めに圧迫し、両手の親指から小指までまんべんなくマッサージしていきます。



今度ごしょうかいするのは爪のはえ際をマッサージする「爪マッサージ」です。



こうかんしんけいは自立神経の一つですから、自立神経を正常に整える努力が手汗の症状緩和に役たちます。



通勤や通学で使うバスや電車の中、シゴトや家事のちょっとした合間、入浴やテレビを見ている時などのリラックスたいムなどをりようして、一日2〜3回程度つづけてみましょう
posted by 手汗クリーム at 02:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。