2012年08月30日

手汗のことはもう忘れましょう。あいつはもうだめだ。



手汗をおさえるほうほうの一つに、かんぽう薬があります。



手汗をかきやすい方というのは、人よりも緊張しやすかったり、不安になることが多いようです。



手汗をかきやすい人に一番多くつかわれているかんぽう薬は、「防已黄耆湯(ぼういおうぎとう)」です。



かんぽう薬は直接症状をおさえるものではなく、体質を改善していくものですので、そっこうせいはありません。



つまり、たいしょう両方ではなく、根本的な治療になりえるワケですね。



このかんぽう薬は手だけでなく、顔やワキなど上半身に汗をかきやすい方に高価的なかんぽう薬だと言われています。



どうしても手汗をおさえたい時だけ、塩化アルみにウム水溶液などの制汗剤をしようするのもいいかもしれません。



また、「さいこ桂枝乾姜湯 (さいこけいしかんきょうとう)」というかんぽう薬もよく処方されます。



他にも、全身のはっかんをおさえて、はっかんのばらんすを保ってくれる「桂枝加黄耆湯(けいしかおうぎとう)」などもよく処方されるでしょう。



でも、手汗をかきやすい体質そのものを改善できる可能性があるのです。



そのような緊張や不安な状態の時、交感神経は興奮状態にあります。



繊細で真面目な方が、きっちりとしているせいかくだからこそ、きちんとしなくてはいけない、しっぱいしてはいけないとつよく思うことで、緊張や不安が生まれやすくなります。



太りきみで、人よりも汗をかきやすい方や気温が上がるのと比例して、汗の量がぞうかしてしまうような方によく処方されるかんぽう薬です。



なので、そのような興奮状態を鎮めるために、「天王補心丹(てんのうほしんたん」が処方されたりするのです
posted by 手汗クリーム at 03:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月21日

手汗はとんでもないものを盗んでいきました



手汗の原因手汗をおこす原因は残念ながらはっきりした原因がかいめいされていないのが現状です。



私達はすとれすをかんじたり緊張したりすると運動していないのに汗が出るというしくみを持っていますから、これが過剰に起こることも手汗の原因と考えられているのです。



通常ならかつどうしている時に交感神経がゆういになり、しゅうしんじなどのリラックスじょうたいの時に副交感神経がゆういになるのですが、手汗を抱えている人の場合、かつどう的なじょうたいをつくる交感神経のはたらきが常にしいじょうたいになっていることが考えられるそうです。



しかしいくつかの要因が関係しているのではないかということはわかっています。



私達の体は交感神経と副交感神経の二種類のじりつ神経の相互作用によってかつどうしています。



二つ目は、すとれすや緊張が関係するという内容です。



一つ目にあげたじりつ神経のはたらきが、ちょっとしたすとれすや緊張が原因になって過敏に反応し、手汗が現れるのではないかと言われています。



一つ目は、交感神経が高まることで多量の手汗が起こるという内容です。



交感神経は私達がかつどうしている時に活発になる神経で、体の新陳代謝を活性化させ、発汗を促すはたらきを持っています。



どちらの要因からみても、私達のかつどうを司るじりつ神経のはたらきが手汗におおきく関係していることがわかります。



それとは逆に副交感神経は、私達の体をリラックスじょうたいに導いてくれるはたらきを持っています。



デリケートな問題だと考えがちですが、きちんと相談することで適切な治療をおこなえるようになっていますので、ひとりで悩まずしっかりと新札をうけるようにしましょう
posted by 手汗クリーム at 23:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月16日

ネット中毒が手汗の息の根を完全に止めた



手汗の診療についてごじぶんの手から出る汗が普通とはなぜか違っていると漢字ている方もいらっしゃるのではないでしょうか。



そこで気になるのが、何科を受診するかということです。



それぞれの診療科によって治療方法が異なったり、メリット、デメリットもあります。



神経内科ではその神経にちょくせつアプローチ出来るような治療もできますから、手汗に悩む人の多くが一度は足を運ぶ診療科となっています。



また、じぶんの手汗症状と治療方針が合うこともあれば、あわないこともあります。



てのひらに汗をかくことで日常生活の中に不快な状況があるようなら、一度医療きかんを受診することを御すすめします。



また、てのひらのいじょうなはっかんが手汗という疾患だということをごぞんじでない方もいらっしゃるでしょう。



その人の手汗の上体を確認して、内服薬や外用薬、その他の治りょうほうを用いて治療が行なわれます。



「神経内科」での受診も可能です。



だいひょうてきなのが「皮膚科」です。



手汗に対する不安がしい場合は「しんりょうないか」、手汗が重症で手術が必要となるような場合は「げか」なども理容されています。



手汗の原因はこうかんしんけいのはたらきに問題があることが挙げられています。



手汗が多く出ることにより皮膚が向けたり、水疱が出来てしまったりするような明らかな皮膚の疾患がある場合は、皮膚科を受診するのが適切です。



手汗を専門とする専門科はないようなのですが、手汗に関連する診療科であれば手汗の診療が可能です。



手汗は意外にデリケートな問題ですから、効率的に緩和に迎えるように、セカンドオピニオンなどを理容していくつかの診療科を受診されてみるのもいいのではないでしょうか
posted by 手汗クリーム at 05:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

高度に発達した手汗は魔法と見分けがつかない



ボトックスちゅうしゃによる手汗治療ボトックスちゅうしゃというと、シワやたるみの改善に効果のあるびように関する治りょうほうというイメージが強いかもしれません。



手汗治療で用いられるボトックスちゅうしゃは、汗のぶんぴつに関係する神経を抑制する効果をりようしたもので、シワやたるみの改善を目的にする治療と同じように、ボつりヌス菌を汗の気になる箇所にちゅうしゃします。



手汗治療のばあい、てのひらにまんべんなくちゅうしゃをしていくことになるのですが、ちゅうしゃによる傷みがしんぱいなばあいは、皮膚の表面だけに作用するような麻酔をほどこしてから施術がおこなわれますので、事前に相談しておくといいでしょう。



しかし、ボトックスちゅうしゃは汗のぶんぴつをおさえる効果があることから、手汗の治療にも用いられています。



ボトックスちゅうしゃの後、3〜4日経過するとその効果があらわれてくるそうなのですが、一回の施術で効果を得られないばあいもあるので、2〜3回の施術が必要になることがあるようです。



ただし、てのひらは麻酔が聞きにくい箇所だと言われています。



治療の効果としては、個人差はあるものの3〜6ヶ月と比較的長い間継続するのがとくちょうです。



また傷みの感じ方は人によってさまさまですから、強い傷みをかんじるばあいも、まったく傷みをかんじることなく終わってしまうばあいもあることを覚えておきましょう。



しかし、手汗の他の治療にくらべると高額な費用がかかる治りょうほうですし、各種の治りょうほうと同じように効果には個人差がありますから、かならずカウンセリングをうけ、納得した上で行なうことをおすすめします
posted by 手汗クリーム at 04:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月03日

no-title



手汗のはっかんを抑制する薬として、最も効果的だといわれているのが、えんかアルミニウムです。



えんかアルミニウムは、たかんしょうの治療薬として病院で処方して貰うことも出来ますし、いんたーねっとなどで購入することも可能な薬です。



また、えんかアルミニウムは一時的に手汗のはっかんをおさえることは可能ですが、あくまでもそれは一時的で、かんぜんな治療にはなりません。

fxオプション

例えば、赤くなってしまったり、湿疹のような物が出来てしまった際には、すぐに使用を中止する必要があるでしょう。



副作用と言うと大袈裟かもしれませんが、洗剤などですぐに手荒れを起こしてしまうような皮膚の弱い方がえんかアルミニウムを使用すると、手荒れを起こしてしまうかのうせいがあるのです。



塗るだけで簡単にはっかんを抑制することのできる薬ですが、やはり、薬なので副作用的な物もあります。



実際、手汗で悩んでいる方に使用してもらったところ、75%の方が手汗に効果があったと解答しています。



手汗だけでなく、わきや足などの汗をかきやすい部分に塗っている人もおおいでしょう。



このように、手が荒れてしまったり、アレルギー反応を見せることもあるので、いんたーねっとで購入するよりは、薬局などで薬剤師さんの話をきいてから購入するか、病院でお医者さんに処方して貰うことをおすすめします。



つかい方も簡単で、お風呂に入ってきれいにあらった後、ねる前に手に塗りこんで、あさおきたらあらいながすだけで大丈夫です。



かんち指せたいと思うのであれば、手汗の原因となる精神的な物をじぶん地震の中からとり除かなくてはいけませんね

posted by 手汗クリーム at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。