2013年01月14日

手汗…悪くないですね…フフ…



内服薬での手汗治療手汗のちりょうほうとして、内服薬を用いた治療がおこなわれることがあります。



しりつちはきんちょうや不安などを覚えた時に汗をかくことがありますが、手汗で悩んでいる人の多くは、手のいじょうな発汗に対して常に不安や恐怖をかんじてしまうことがあるため、手汗を促進してしまっていることが考えられます。



手汗の原因として交感神経の働きが活発になっているじょうたいがあることがわかっています。



「精神あんてい剤」精神あんてい剤による治療は、汗がでることに直接作用する治療ではなく、手汗に対する心理的な苦痛を和らげることで手汗を改善していこうという方法です。



その神経の働きをよくせいし、汗をかきにくいじょうたいに導いてくれるのが神経しゃだん薬です。



「神経しゃだん薬」この薬は汗がでるという働きに直接作用する薬です。



主に用いられている内服薬としてはつぎのようなものがあります。



そこで、精神あんてい剤を用いて手汗に対する不安や恐怖を和らげ、余計な発汗がおこらないじょうたいを造る治療がおこなわれます。



神経しゃだん薬を用いた治療は非常にこうかが高い方法なので、手汗治療をはじめとして多汗症の治療によく用いられます。



しかしその反面、手汗治療のようにきょくしょ的に作用してほしい場合でも、その作用がぜんしんに起こってしまうというデメリットがあります。



神経しゃだん薬の服用により汗をかきにくいじょうたいになることでたいおんの調節が難しくなったり、喉のかわきや便秘、胃腸障害などの副作用もありますから、お医者様と相談の上で正しく服用することが大事です
posted by 手汗クリーム at 06:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。