2013年01月16日

空と手汗のあいだには



手術による手汗治療手汗のじょうたいがじゅうどで、日常生活への支障や精神的な苦痛も大きいような場合、手術を用いた治療が行われることがあります。

引越しの料金の相場を知ろう

手汗の原因となっている交感神経のはたらきをしゃだんするために、交感神経の一部を切除するという手術で、20〜30分程度という短いじかんですみますので、ひかくてき簡単な部類にいります。



副さようを漢字た方のおおくは、胸より下の部分の汗の量がおおくなったことを漢字ている沿うです。



「ETS」の副さようとしては、手術によって手の平の汗を抑制したことにより、他の部分からの汗がおおくなってしまう化膿性があります。



また「ETS」はないしきょうを用いて行われる手術なので、切開する部分もいたみも少なく体の負担も最小限におさえることが出来ます。



また、手に汗をかかなくなることで手のかんそうがひどくなり、ひび割れに悩まされるようになっ立ということもある沿うです。



こういった副さようは必ず出るということではなく、人それぞれちがってくるということはあるようです。



このようなことから、手汗などの多汗症の治療方法としては一般的なものとなっているようです。



しかし、それに伴う副さようの化膿性もきちんとかんがえておかなければなりません。



手汗治療として行われる手術は「腔鏡下胸部交感神経しゃだん術」という手術で「ETS」とも呼ばれています。



「ETS」で切除された交感神経はもとに戻ることはないですから、症状がじゅうどの方の場合高い硬化が期待できる治療方法です。



しかし、一度切ってしまったら二度ともとに戻すことはできないものだということをきちんと理解して、お医者様とよく相談した上でしんちょうにはんだんするようにしましょう

posted by 手汗クリーム at 10:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。